ゲーム

フリスタ1C解説

フリスタ1 C解説

本記事の概要

・Cのスキルについて

・Cのオフェンスについて

・Cのディフェンスについて

フリスタ1(FSSB1)におけるC(センター)について解説します。

Cの概要

Cは、あたり強さ・リバウンド・ブロック・ダンク/レイアップ・ゴール下シュートの能力値が最も高いポジションです。
Cの仕事は、リバウンドと相手C・Fのブロックをすることが主なものとなります。

リバウンドもブロックも経験が必要とされ、またリバウンドを取れるかどうかは勝敗にかなり影響するため、初めてCをプレイするときは全然試合に勝てないです。
逆に言うとリバウンドを取ることができれば、それだけで試合に結構勝てるようになります。

また、Cは他のポジションと異なり上位職がありません。
したがって、解説については他記事で行っているため、本記事はそれらのリンクをまとめたものが主となります。

Cのスキル

一般的によく使用されていたスキルのみ解説します。

ボックスアウト

スキルの説明についてはこちらからご覧ください。

リバウンドにおける最重要スキルです。

チップアウト

スキルの説明についてはこちらからご覧ください。

このスキルもリバウンドで重要なスキルです。

チップイン・タップダンク

スキルの説明についてはこちらからご覧ください。

Cはこのスキルの使用頻度が高いです。

ブロック&キャッチ

通称「ブロッチ」。数少ないC固有のスキルです。
発動方法はブロックタイミングで「D」「D」。

通常相手のシュートをブロックするとルーズボールとなり、そのボールを自分または味方が拾わないとマイボールにできません。
しかし、このスキルはブロックした瞬間にマイボールにすることができます。

なお、ダンクなどブロッチができないシュートがありますが、ブロックが成功する場合はブロッチのコマンド入力しても普通のブロックモーションに変わります。

ドリームシェイク2(DS2)

DS2についてはこちらからご覧ください。

CはDS2を全ポジション最多の3回転することができますが、相手Cにブロッチされるおそれがあるため、多用は禁物です。

ターンアラウンドフェイドアウェイ

スキルの説明についてはこちらからご覧ください。

ブロッチされないシュートなので、オフェンスの選択肢の1つに入れらるスキルです。

スキル説明にもありましたが、ゴール下シュートとミドルシュートエリアの境目で打ったときのモーションが一番ブロックがしにくいです。

Cのリバウンド

リバウンドの解説についてはこちらからご覧ください。

Cのオフェンス

上位レベルになっても動きはこちらで説明している基本的な動きと変わりはありません。

Cのディフェンス

Cの基本的な動きと同じディフェンスをベースに行います。
その他ポジションごとのポイントを下記に挙げます。

対PG

ダブルフェイクドリブルを使用する相手の場合は、どちらへ移動するかを見極めるのは難しいです。
Cは足が遅いので、さっさと味方Gとスイッチした方がいいです。
ただ、この場合は相手Cを味方Gがマークしているので、相手Cに2点とられる可能性が高いです。

対SG

対PGと同様、さっさと味方Gとスイッチした方がいいです。
また、SGの方がAドリを仕掛けてくる可能性が高いです。
ただ、この場合も相手Cを味方Gがマークしているので、相手Cに2点とられる可能性が高いです。

対SF

まずはナイパ状態にさせないようにすることが最優先です。
そして、ミドルフェイクにはなるべく跳ばないようにしましょう。

対SFの場合も足の速さの差があるため、さっさと味方Gとスイッチした方がいいです。

対PF

基本的にはカエルシュートを発動させるような守り方をしましょう。
ナイパを鳴らせないことも重要ですが、ナイパでもカエルシュートになれば意味がないため、カエルシュート狙いの方を優先させます。
カエルシュート狙いの守り方であれば、軸も自然に合いやすくなるので、ダンクが発動してもブロックが成功しやすいです。

対C

レイアップ、ふんわりはブロックしやすいので集中しましょう。
ただ、Cが点を取るときはフリーか、ミスマッチのときぐらいなので、相手Cをブロックする場面はそんなに多くなかったです。

Cをマークするときの注意

上記のとおり、CがCをマークしているときはあまりシュートを打たれることをありません。注意するのはFやGがCをマークするときです。

FやGがマークする場合は、相手Cのダンクをブロックすることはかなり難しいです。
また、このような場面は味方Cがカバーに行っているという場面です。

ときどき、味方Cがカバーに行ったままで、相手Cのマークをし続けるFやGを見かけましたが、どうせ相手Cをブロックできる可能性は低いのだから、相手Cに2点とられるのは諦め、相手FやGに3点取られないように、味方Cのスイッチに戻る方がいいです。

Cにおすすめのキャラ

能力値から考えると、リバウンド、ブロック、ジャンプが高いキャラが適していると考えます。

また、リバウンド、ブロックは女キャラよりも男キャラ、低身長よりも高身長の方がしやすいため、最高身長の男キャラが適していると考えられます。

しかし、女キャラの方が男キャラより軸が細いため、相手のボックスアウトをかわしやすくなります。

したがって、単純に能力的に考えるとディーコン、相手のボックスアウトをかわすようなテクニカルな動きをしたいのであればヨシノが適していると思います。

筆者はヨシノを使用していました。また、足が速くカバーの動きがしやすいマンティスも使用していました。

まとめ

Cはリバウンドとディフェンスが主な仕事であり、特にリバウンドの成功率は勝敗に大きく影響を及ぼします。

リバウンドを多くとれる場合は、まさしく試合を制しているような気分になり非常に気分が良くなります。
しかし、全然取れなかった場合の責任感も非常に大きかったです。

Cは非常に上手いプレイヤーが多く、上手いプレイヤーと対戦したときの絶望感が一番大きいポジションでした。

ただ、練習のし甲斐のあるポジションであったと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA